ミュゼ 乾燥肌

ミュゼプラチナム

乾燥肌の人でも大丈夫?

乾燥肌だから脱毛を断れてしまうと不安に感じている人は多いです。夏は湿気があり、汗もかくので乾燥することは珍しいですが、問題は冬ですよね。冬は外気が乾燥しているのでそれによって身体の水分や脂分も持っていかれますし、皮膚表面だけでなく、身体の中の水分も不足して皮膚を潤すことができなくなりがちです。でも乾燥肌の人でも余程の人でない限り施術を断れてしまうということはないようです。
でも自分で乾燥肌だと認識している人は日頃からしっかりと保湿をすることは大切です。ミュゼの場合、施術当日に保湿材を塗ってしまうと施術NGとのことなので当日の保湿材は控えておいて前日のギリギリまで十分保湿をしてから施術に臨むといいと思います。あと注意しないといけないのが、自分で乾燥肌だと全く認識していない場合でもカウンセリングや施術の時に乾燥肌だと指摘されてしまう人もいるようです。ですので脱毛サロンに通う場合は乾燥肌だと自覚があるなしに関わらずしっかりと保湿を心がけましょう。
そしてカウンセリングの時にしっかり相談してみて、もし乾燥肌なのであればミュゼのスタッフさんが保湿のやり方を教えてくれるのでそれを実行すれば施術を断れてしまうことはほとんどないみたいです。

どうして乾燥肌だとダメなの?

乾燥肌は皮膚の表面の水分や脂分が不足している為に起こる肌状態と言われています。 そして脱毛サロンに導入されているレーザーはざっくり言うと熱の力でムダ毛の元になる細胞を焼いていくという方法です。ということは皮膚の表面の水分や油分が不足していると肌をガードしてくれるものがないのでダイレクトに皮膚にダメージがいってしまいます。 すると火傷になってしまう可能性があるのです。火傷といっても火災などで火傷するアノ火傷とは違い、ほんのり赤くなったり、後でヒリヒリしたりする程度のものです。もちろん放っておいても数日で治ってしまうレベルのものですが、まれに痕が残ってしまう人がいるようです。少し黒ずんだり、その逆に白くなってみたりとそこまで目立つ程ではないにしてもうっすら痕が残る人もいるようです。せっかくツルツルの肌になりたくて脱毛したのに結果的に肌を傷つけてしまったということになります。
こういったことから乾燥肌の人は乾燥してない人に比べて火傷を起こしてしまう可能性が多少なりともあるということで施術NGということになっているようです。あと、アトピー肌の人も同様の理由でNGとしているようです。

乾燥肌対策はどんなことをすればいいの?

ほとんどの女性は保湿をされていると思いますが、もし普段保湿をあまり意識していないという人はこれからでも遅くないのでしっかりと保湿を心がけて下さい。
そして意外と知られていないのがお風呂で身体を洗いすぎてしまうと乾燥肌になりやすです。どういうことかと言うと皮膚の表面には水分や油分、細菌、汚れなど、色々な物が付着しています。お風呂に入り身体をゴシゴシこすることによりこれら付着してたものが流されてしまいます。問題ないと思いがちですが、実はそうとも言えないのです。汚れは流れていってもいいですが、その他の油分や細菌などは皮膚を保護するバリアの約目をしています。そのバリアも一緒に流れてしまうので乾燥肌になりやすくなるのです。たとえゴシゴシこすらなかったとしてもボディソープや石鹸などを使うと同じように流れてしまいます。ですので毎日石鹸で洗うことを控えて、手で軽く落とすだけにするとか、またはシャワーだけにするとかといったような工夫が必要です。それだけでも汚れは十分落ちますので大丈夫です。

保湿を心がけて脱毛にのぞみましょ!

まとめてみますね。
乾燥肌だと施術を断れてしまう可能性は確かにあります。それは火傷になってしまう可能性があるし、肌トラブルが更に悪化してしまうことを防止するためです。でもカウンセリングの時にしっかりと相談して不安を解消させて、同時にいい保湿方法を教えてもらうことができるのでそれをしっかり実践しましょう。そしてお風呂でゴシゴシ身体をこするのはやめて軽く流すだけとか、手で落とすだけとかにして肌の油分や細菌などが必要以上に流れていかないようにしましょう。

脱毛は完了するまでに暫く通い続けなければいけませんが、それでもあの煩わしいムダ毛処理から開放されることを考えただけでもワクワクしてきますよね。そして服を選ばずに気兼ねなく露出できることも嬉しいですよね。
この機会に一気に脱毛しちゃいましょう!

 

サイトマップ

メーカー別特徴